記事一覧

川路大警視のマッポ心得



匿名通報ダイヤル 匿名通報ダイヤル 匿名通報ダイヤル


世のため、人のための民主警察です

川路大警視の「警察官心得」

台湾で神になった警察官

地域と共に生きる町の駐在さん

世の中「変」だよ編


【 メガ企業の日々 】

 ■ 銀行の「儲けるためなら何でもやります」

 ■ 大企業の「人柱で会社は大きくなります」


【 民主警察の日々 】

 紀州の好色家変死。捜査顧問は金田一耕介!

 止まらない!今度は高知県警で酔っ払い運転
 2018/ 6/13

 警視庁、生存者を遺体として家族に返還
 2018/ 6/12

 覚醒剤は常用薬ですから 警視庁警部
 2018/ 6/12

 酒飲んだらお触りするのは常識でしょ 三重県警警部補
 2018/ 6/ 9

 群馬県警交通課の取り締まり担当が酒気帯び運転
 2018/ 6/ 8

 ここまできたか!警察の無茶ぶりと無神経 愛知県警
 2018/ 6/ 5

 わいせつ警官、開き直り 元福岡県警警部補
 2018/ 5/31

 43歳巡査部長、18歳未満の少女と淫行繰り返す 長野県警
 2018/ 5/30

 女性にわいせつも公表外と発表せず 岩手県警
 2018/ 5/30

 水着女性を盗撮?いえ、監視です 埼玉県警の巡査部長
 2018/ 5/29

 セクハラ?日常の挨拶です 高知県警の巡査
 2018/ 5/28
 
 交通違反見逃し、友達だから 埼玉県警
 2018/ 5/25

 公務中はヘルメット無用 京都府警地域課
 2018/ 5/24

 お尻をわしづかみ、スマホは股間 大阪府警の警官
 2018/ 5/24

 殺意はなかったようです 警視庁警官殴られる
 2018/ 5/24

 警官災難、内輪もめの暴力がニュースに 大阪府警
 2018/ 5/22

 警部補が足の臭い求め事務室潜入 福井県警
 2018/ 5/19
 
 巡査部長2人と巡査長、セクハラ、不倫、飲酒 青森県警
 2018/ 5/18
 
 巡査部長はおさわりできる職員が好き 富山県警
 2018/ 5/16

 宮城県警巡査、酒飲んで軽乗用車を運転
 2018/ 5/14

 千葉県警、巡査長 少女買春常習
 2018/ 5/12

 違法監視7ヵ月半、プライバシー覗く 埼玉県警
 2018 5/11

 大阪府警巡査長、「監獄学園」万引きで逮捕
 2018 5/11

 いい人は警察に見切りをつける 群馬県警
 2018 5/11

 業務利用し、少女に淫行 長野県警巡査部長
 2018/ 5/10

 免許証2重提示拒否で逮捕 警視庁
 2018/ 5/08

 大阪府警警部補、酒酔い運転で逃走し事故
 2018/ 5/ 7

 覗き目的で女子トイレ侵入 群馬県警巡査長
 2018/ 4/26

 巡査長、同僚だった女につきまとう 岐阜県警
 2018/ 4/21

 けんか仲裁で拳銃奪われる 愛知県警の巡査長
 2018/ 4/21

 新潟県警巡査が飲酒運転で訓戒処分
 2018/ 4/20

 担当捜査は持ち帰って続けます 高知県警の警部補
 2018/ 4/17

 警察局技官ひき逃げされる 群馬県警
 2018/ 4/15

 仕事熱心?酔って住居侵入 佐賀県警の巡査長
 2018/ 4/13

 下着目的で住居侵入 岡山県警の巡査
 2018/ 4/12

 警官が警官を殺し逃走 滋賀県警
 2018/ 4/12

 中学生とホテルでわいせつ行為 千葉県警の巡査長
 2018/ 4/11

 所轄ガソリンの流用だから問題ない! 広島県警の巡査長
 2018/ 4/ 6

 富山県警の刑事、女子高校生3人を児童買春
 2018/ 4/ 5

 酒酔い運転、スーパーで万引き 北海道警の警部補と警部
 2018/ 4/ 5

 同僚だから違反見逃し 警視庁の交機隊警官
 2018/ 4/ 4

 捜査資料持ち出し禁止「たわけ防止」 岐阜県警
  2018/ 4/ 4

 知らないうちにポケットに 北海道道警の巡査部長
 2018/ 3/30

 いじめ自殺は公務災害で定着化 上司に問題
 2018/ 3/30

 部下いじめ 目指すは警視の 銀バッジ 京都府警の警部
 2018/ 3/29

 2,5円パチスロコインで20円台を遊ぶ 群馬県警の巡査
 2018/ 3/29

 もったいない 使い捨てシャンプーは 万引きで 大阪府警の警部補
 2018/ 3/25

 生後3ヶ月の子に暴力 埼玉県警の巡査
 2018/ 3/24

 乾電池を売って小遣いに 三重県警の4人
 2018/ 3/23

 証拠DVD横領、盗撮、不倫まで 大分県警の巡査部長
 2018/ 3/22

 痴漢行為や盗撮で2警官を処分 大阪府警
 2018/ 3/22

 勤務時間中に人妻不倫、免職ならず 奈良県警
 2018/ 3/22

 器物破損現行犯も警官なら不起訴? 福岡地検
 2018/ 3/22

 盗撮担当の盗撮警官をひた隠す大分県警
 2018/ 3/22

 いじめ、パワハラ機構変わらず 熊本県警
 2018/ 3/20

 警部補が10代女性の下半身を盗撮 広島県警
 2018/ 3/19

 知人宅で飲酒、車で帰宅 大阪府警の巡査長
 2018/ 3/19

 デートに誘われおつき合い、捜査情報漏らす 警視庁巡査
 2018/ 3/19

 いじめ、パワハラ自殺補助 埼玉県警 
 2018/ 3/16

 甲賀署は忍者屋敷、捜査書類滅失 被害届もう一度
 2018/ 3/16

 地検検事、庁舎の女子トイレ盗撮で逮捕も処分は異動? 神戸地検
 2018/ 3/15

 住居侵入してわいせつ 広島県警の巡査部長
 2018/ 3/12

 スナックで酒、飲酒運転帰宅 埼玉県警の巡査部長
 2018/ 3/11

 女性宅侵入、覗きで停職6ヶ月? 鹿児島県警
 2018/ 3/ 9/

 警部補、一般道で30キロオーバー 高知県警
 2018/ 3/ 8

 日光さるマッポ、違反切符をでっちあげる 栃木県警
 2018/ 3/ 8

 千葉県警の巡査、強制わいせつを繰り返す 千葉県警
 2018/ 3/ 7

 警部補のわいせつ起訴も不起訴に 新潟地検
 2018/ 3/ 7

 警部補のわいせつは見ざる、聞かざる 福岡県警の同僚
 2018/ 3/ 2

 携帯知りたいので職質 徳島県警の巡査
 2018/ 3/ 2

 緊急走行中のパトカーを40代女性が軽乗用車で進路妨害!!
 2018/ 3/ 2

 女と酒を飲んで酔っ払い運転 大阪府警の巡査部長
 2018/ 3/ 1

 遊ぶためには金が要ると寮で調達 京都府警の巡査
 2018/ 3/ 1

 遊ぶためには金が要るとひったくり 秋田県警の巡査部長
 2018/ 3/ 1

 遊ぶためには金が要ると拾得物横領 警視庁の巡査
 2018/ 3/ 1

 女子大生の股下撮影 大阪府警の巡査長
 2018/ 2/27

 署長同席で強制わいせつ、署長は訓戒だけ 新潟県警
 2018/ 2/27

 刑務所の独房で病死! 岡山刑務所
 2018/ 2/26

 JKに恋心、児童買春で巡査長逮捕 富山県警
 2018/ 2/25

 酒飲んで出迎え、京都府警の巡査長
 2018/ 2/24

 温情巡査停職、留置被告にたばこ 愛媛県警
 2018/ 2/23

 巡査長、スピード超過で死亡事故は停職一ヶ月 警視庁
 2018/ 2/16
 
 男色警視、セクハラで停職 沖縄県警
 2018/ 2/16

 千葉県警巡査、女子高生を押し倒してわいせつ
 2018/ 2/15

 大阪府警の元巡査部長、医師と共謀し搾取 大阪地裁
 2018/ 2/13

 泥酔警部補、通行人に暴力 兵庫県警
 2018/ 2/12

 酔っ払い巡査長、マンションのガラス割る 福岡県警
 2018/ 2/12

 宮崎県警巡査、10代女性に痴漢行為
 2018/ 2/ 9

 警部補が飲み会で強制わいせつ、署長公認 新潟県警
 2018/ 2/ 6

 後ろから近づき股間撮影 大分県警の巡査部長
 2018/ 2/ 6

 警察学校試験で友達魂発揮 徳島県警で巡査2人
 2018/ 2/ 6

 捜査には小遣いが必要と着服 長野県警の巡査長
 2018/ 2/ 5

 民主警察、留置人のいいなりに 埼玉県警の警部と巡査
 2018/ 2/ 3

 冤罪疑いも!栃木県警がDNA検出を隠す 栃木県警
 2018/ 2/ 3

 署内女子トイレにスマホ 警視庁目白署の刑事
 2018/ 2/ 2

 京女に痴漢 大阪府警の巡査長
 2018/ 2/ 1

 酒酔い運転で追突事故 埼玉県警巡査部長
 2018/ 2/ 1

 警察は庶民の味方、ひき逃げしても処分は減給1/10 奈良県警
 2018/ 2/ 1

 大阪府警の巡査長が元夫にDV避難先管轄署教え再引越しするはめに 
 2018:/ 1/30

 岩手県警の巡査部長 私有車事故で無断欠勤続きクビに
 2018:/ 1/26

 上司中傷ビラ、検索システムで知人の住所調べ 佐賀県警の巡査長
 2018:/ 1/26

 福島県警パワハラ横行 部下の裸体写真を公開、暴力も
 2018:/ 1/26

 福島県警パワハラ横行 部下に初恋ポエム発表強要
 2018:/ 1/26

 愛知県警の巡査、職質に悩み拳銃自殺図る
 2018:/ 1/26

 平成29年度、大阪府警処分者は161人
 2018:/ 1/26

 大阪府警の巡査長と巡査部長、無賃乗車とDVD万引き繰り返す
 2018:/ 1/25

 警察庁、昨年の処分者は260人
 2018:/ 1/25

 岐阜県警、情報提供者名漏えい 警部補が捜査資料残置
 2018:/ 1/25

 68歳元警官、15歳少女を買春 愛知県安全協会勤務
 2018/ 1/18

 千葉県警巡査長、男色に走る
 2018/ 1/18

 2017年の沖縄県警職員の処分報道
 2018/ 1/18

 パトカーで受験生を試験会場へ 道警苫小牧署 拍手
 2018/ 1/13

 盾で殴り、部下を鍛える 和歌山県警巡査部長
 2018/ 1/12

 特定女性を狙って痴漢 愛知県警警部補
 2018/ 1/12

 酒酔い巡査、他人家で窓たたく 高知県県警警部補
 2018/ 1/12

 GPSの違法捜査、三重県警警部補減給処分
 2018/ 1/11

 災難!親子喧嘩仲裁で重傷負う 警視庁の巡査長 
 2018/ 1/ 8

 検察、裁判所が犯罪に加担 千葉地検
 2018/ 1/ 8

 和歌山県警の巡査長 児童ポルノ愛好
 2018/ 1/ 5

 新潟県警の巡査 他人地にごみ捨て
 2018/ 1/ 5



【 川路大警視のことば 】


 酒を温めるには、その酒より暖かい湯でなければならない。

 人を導くとか、警めるとかは、先ず自分自身が相手より勝れた存在でなければならないし、その行動は「仁愛補助の心」からはみだしてはいけない。

 人民のために、捕縛の役目を勤める警官は、我に対して人がいかなる無理非道の挙動があっても、道理を以って懇切を尽くし忍耐強く勉強せねばならない。

 探索の道、微妙の地位至りては「聲なきに聞き 形無きにみる」が如き、無声無形の際に感覚せざるを得ざる也。

 怪しき事は多く実なき者なり、決して心を動かすべからず。然れども、一度耳に入る者は、未だ其の実を得ずといえども、亦、怠らざるは警察の要務なり。

 「聲なきに聞き 形無きにみる」の言葉は、現在も警察官の活動の指針となっている。即ち、警察官たるものは、声なき声に耳を傾け、表面的、外形的な現象のみにとらわれることなく、奥に隠されたモノを見逃すことなく、真実をあばき出すことが必要であるということである。

 これは、また、世の為、人の為都民の声をよく耳にし、真の社会を見出し、活動する現在の民主警察の真髄を諭したものである。


【 統治時代の村の巡査が台湾で神に 】


 台湾に神様として祭られている日本人がいる。日本統治時代、南部嘉義県で巡査をしていた森川清治郎は村の発展に貢献したことが村民に高く評価された。地元の廟「富安宮」に祭られ、生きざまが紹介されている。

 富安宮の資料によると、森川は1861年、神奈川県の農家に生まれ、97年、台湾に渡り巡査に。嘉義県の貧村副瀬村で治安を大きく回復させただけでなく、衛生環境を改善、自費で教師を雇って村民に教育も施した。

 1902年、村民に新たな漁業税が課された際、森川は減免を当局に嘆願したが、村民の納税拒否を扇動していると戒告処分を受けた。

 直後に銃で自殺したという。富安宮の前にはこうした物語を絵で紹介する塀が立てられている。

 死後約20年後、疫病が広がった際に村幹部の枕元に森川が現れ、衛生に注意するよう告げたとの言い伝えがある。

 村民はこれに感激して森川の座像をつくり「義愛公」と名付けて、村の守護神として奉祀した。(2018. 3.13 産経ニュースより)

 「富安宮」に祭られている森川清治郎の座像は、ひげを生やし、警察官の服装をしている。


【 地域に溶け込んだ町の駐在さん 】


 32年半の警察官人生のうち、19年にわたり“町の駐在さん”として地域の防犯活動に尽くしてきた。気さくな声かけと人柄で住民から信頼を集め、駐在所は相談や世間話で人が絶えない。「地域の人とこんなに近くで働ける仕事は他にない。駐在の仕事は誇りを持って取り組める天職だ」と胸を張る。

 子供のころ、遺失物を届けたときに優しく対応してくれた交番のお巡りさんに憧れ、新人時代に配属された館山署では念願の交番勤務を経験。人の役に立てる警察の仕事は「人の笑顔を見るのが好きな自分に向いていると思った」と話す。

 平成6年、鴨川署吉尾駐在所に配属。初の駐在勤務で、当初は「家族が家で亡くなってしまった」「家の水道管が破裂した」といった住民の相談で昼夜を問わず電話や呼び鈴が鳴ることに慣れない日々が続いた。しかし、地道に対応していくにつれ「地域の困り事は自分が解決する」と駐在警官の自覚が芽生えた。

 今でも思い出す言葉がある。「地域住民を“家族”と思え」。当時の上司に教わった言葉を胸に、地域に溶け込めるようお祭りなどの行事には可能な限り参加し、幼稚園の交通安全教室を行うなどコツコツと地域活動に取り組み続けた。

 すると、あいさつされることが増え、徐々に「自分たちの町の駐在さんだ」と認めてもらえるようになった。「最初に顔を覚えてくれるのは子供たち。子供たちがあいさつしてくれると、その家族も声をかけてくれるようになる」。以来、どの駐在所に配属されても、地域行事への参加は欠かさない。

 16年から8年勤めた市原署養老駐在所では、鋭い目つきの1人の少年に出会った。窃盗などの非行を繰り返す少年に、悩み事や相談を聞くなど辛抱強く接した。

 今年7月、茂原市の七夕まつりの会場で、社会人に成長した少年と再会を果たした。目つきはすっかり穏やかになり、「もう世話になることはない」と言ってきたので、「当たり前だ」と返事をした。

 駐在所には恋愛や進路、非行の相談に訪れる少年も多いという。親身に耳を傾け助言し、時には本気で叱ることもある。「駐在勤務の楽しみの一つは、地域の子供たちの成長を見守れること」と笑顔で話す。

 現在、力を入れるのは、高齢者の安全だ。前任地の鴨川署江見駐在所も現在の茂原署長南駐在所も、管内の高齢者の増加が問題となっている。高齢者宅を積極的に訪問し、世間話をしながら、振り込め詐欺の防犯指導や交通事故防止指導を徹底する。「家族のような高齢者が事件や事故に巻き込まれないよう、できる限りの力を尽くしたい」

 長南駐在所管内には、大人から子供まで約850世帯の“大家族”が住んでいる。取材中も下校中の学生に「気をつけて帰宅して」と声をかけたり、高齢者宅を巡回したりと大忙しだ。長南町坂本の市原昌明さん(76)は「こんなに気さくで親身な駐在さんはいない」と慕う。

 「自分の町の安全を守るやりがいのある仕事。これからも駐在警官の職務を全うしたい」。大家族の大黒柱として、地域の平和を守り続ける。(2016.10.23 産経ニュースより)


【 世の中どうなってるの 】


判決未確定でも裁判できる
2018/ 6/13
 岐阜地裁は13日、山崎秀尚裁判官(58)が名古屋地裁岡崎支部に在任していた平成29年4月~30年3月、36件の民事裁判で判決文が完成していないのに判決を言い渡したとして名古屋高裁に懲戒処分を申し立てた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント